大道具や大工という職業は、物をつくり上げる仕事として人気のある職種の一つです。
大道具の場合、テレビ番組や舞台などの背景やセットなどを作成するという仕事です。
舞台の世界観を一から形にしていくことが出来るとしてやりがいのある職業です。
それに対して大工は、住宅やビルなどの建築物から、建具などを作るという仕事です。
力仕事が多いですが、達成感を感じられる仕事と言えるでしょう。
また、これらの仕事は体力を使う仕事ということもあり、一般的に時給や給料が高めに設定されています。
それゆえに、収入が高い求人を探している人にもぴったりと言える仕事でしょう。
さらに、大道具も大工も必要な資格などはありません。
したがって、誰にでもチャレンジスルことが出来る職業なのです。
ただし、大道具の場合は美術的要素が必要となる仕事もあるため、そういった仕事内容を望むのであれば美術系の学校を卒業していることなどが必要となる場合もあります。
自分のやりたい仕事内容が定まっているなら、予め有利となる資格を取得しておくというのも求人応募には大切です。
また、美術大学などにも大道具コースがあったりするので、中高生などで大道具を夢みる場合は大学進学から始めてみることもポイントでしょう。

仕事に就くために必要なこと

大道具とは、イベントやテレビ、映画などで必要となるセットを組み立てる職業のことを言います。
その仕事の内容から、展示大工という名称で呼ばれることもあります。
一般的な大工が長期間壊れない丈夫なものを作ることを目的としているのに対して、大道具の場合は使用後に撤収することを見据えて分解できるように製作が行われています。
しかし、セットの製作においては大工の技能は必須条件となります。
そのため、大道具の求人に応募するためには技能を習得しておくと有利になると言われています。
美術系の大学や映画関連の専門学校では、大道具の仕事に就くにあたって必要となる知識や技術を身に付けることができます。
また、こういった学校を中心に各制作会社から求人票が送られてきます。
ただし、求人募集が不定期だったり随時だったりする会社が多いことから、学校の相談窓口や各会社のホームページなどでチェックしておくことが必要となります。
その他、高校卒業後に直接制作会社に就職して現場でスキルを磨くという方法もあります。
一口に大道具の仕事と言っても、その内容は多岐に渡ります。
大掛かりな家のセットをはじめとして、背景の絵や紙吹雪などの情景に至るまで関わることになるため、それぞれの部署に配属されることになります。
一人前になるためには10年単位で修行が必要になる職業と言われているため、具体的にどのような大道具の分野で働きたいのか明確化しておくことが重要になります。

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031